印鑑づくり、実印の価格はいったいいくら?

実印イメージ

自分の実印を作ることは必ずありますよね。

実印を持つということは、すごく「一人前になった」というイメージが強いものですね。
実印とは、役所に届けて登録する、重要な書面で使用するための印鑑のことを言います。

結婚を機に、就職を機に、不動産の購入を機に、自分の実印を作るという方も多いのではないでしょうか。
そんな大人の象徴のような「実印」ですが、いざ購入するとなるといったいいくらくらいかかるものなのでしょう

価格は様々いろいろな要因で変化します。

実印の価格は「ピンからキリまで」というのが正しく、機械彫り、手仕上げ、手彫りの順に高価格となります。
もちろん、印鑑に使われる素材や、大きさなどでもその価格は変動します。

高級な素材でも価格はバラバラです。

象牙や琥珀で作られた印鑑は、高級品として有名ですね。
そのため価格は一概には言えませんが、相場からすると、五千円から二万円というのが一般的なのです。

実印はこだわりが無ければ...

贅沢を言わなければ低価格で実印が手に入るということにもなりますが、プラスチックで作られている三文判等のはんこは、真似のしやすい単調なものとなりますので、あまり実印向きとは言えないでしょう。

実印は間に合わせではなく自分で納得したものを

一生にそう何度も作る機会のない実印ですから、「間に合わせ」ではなく、本当に納得のいくものをじっくり選んでみてはいかがでしょうか。
手彫りのものが高くて手が出せないというのなら、最終仕上げが手作業となる手仕上げのものがお手頃なのではないでしょうか。

ページの先頭へ