会社で使う実印とは、どんな形の印鑑ですか?

実印イメージ

会社でつかう印鑑とは

印鑑を使う機会というものは、個人名義の話でも意外と多いものですよね。
これが、会社のお話となるとどうでしょうか。

会社という形をとるからには、様々な外とのお付き合いが必要となってきます。
ひとつの会社で完結するということは決してなく、顧客や取引先との様々な契約が発生することとなりますよね。
そこで必要となってくるのが、会社名義の印鑑です。

会社印鑑の種類

個人で持つ印鑑としては、実印、銀行印、認印という三種類が一般的ですが、会社の場合は、会社実印、角印、会社銀行印の三種類が一般的です。

会社の印鑑使い方について

会社銀行印が、会社の法人名義の銀行口座のための印鑑であるというのはわかりやすいと思いますが、角印、会社実印とはいったいどのようなときに使用されるのでしょう。

角印とは、一般的には会社名のみが刻印された四角い印鑑のことで、会社の内部で使われる印鑑となります。
それに対して、会社実印は対外的に使われる、会社の代表ともいえる印鑑です。

社外とのおつきあい、契約のために使用される重要な印鑑であることは言うまでもありません。
会社実印は、二重になっており、外側に会社名、内側に「代表取締役」などの役職名が刻印されているのが特徴です。
社長の名前などの個人名が刻印されることはまずありません。

ページの先頭へ