実印の印鑑サイズ、男性と女性では大きさが違うの?

実印イメージ

作る際は他の印鑑より大きめになります。

実印を作る場合、認印や銀行印よりいくらか大きめのものを選ぶ方が多いようです。
実印はフルネームで作成することが多いため、大きさが小さいと、印鑑の表面がごちゃごちゃして読みづらい印象になってしまいますよね。

しかも、実印は他の印鑑と比較しても複雑な書体で彫られることが多いため尚更ですね。
実印を持つ方の多くは、ちょっとどっしりとしたサイズを選ぶ方が多数派です。

男性が選ぶ実印の大きさと女性が選ぶ実印の大きさについて

実印の大きさは、男性と女性でも違いがあります。
ご夫婦の場合は特に、バランスを取るためには、ご主人の実印より奥様のものは一回り居小さめにということが多いようです。

それに倣うわけではありませんが、一遍的にも女性が選ぶ実印の大きさは、男性のものよりも小さめサイズです。
好みもあるとは思いますが、女性の方がよく使う実印のサイズは13.5mm、もしくは15mm、男性は16.5mm以上のものが多いようです。

昔は大きめの印鑑が好まれましたが現代では?

女性の方が男性より小ぶりなサイズなのは、殿方を立てる、女性は三歩後ろに下がるなどの古来からの考え方の影響もあるかもしれませんが、現代では「使いやすさ」の面の方が重要視されているようです。

たしかに、男性よりも小さな女性の手には、あまり大ぶりな印鑑は使いにくく、やはり小ぶりなものの方がしっくりくるということなのですね。

ページの先頭へ