実印に使う印鑑の作成方法とは?

実印イメージ

よくある間違い 実印は役所に登録することで効力を発揮する。

実印を作りたいとなると、まずはハンコ屋さんに相談するというのが一般的だと思います。
しかし、ここで注意したいのが、「実印を作る」と自分が思って作っただけではその印鑑は「実印」とは呼べないということです。

実印とは、印鑑登録された印鑑のことを言います。
ですから、作るだけで満足せずに、登録して初めて実印と呼べるのだということを覚えておきましょう。

最近ではインターネットでも実印が買える時代に

実印の作成は、ハンコ屋さんに足を運ぶだけではなく、最近ではインターネットを介して手軽に作成できるところも増えてきています。
わざわざ店舗に出向くことなく、思い立った時にすぐ実印を作ることが出来るのが大きな魅力です。

しかし、実印を作る書体、素材などは、ネットのみの情報では少しわかりにくいところもあるかもしれませんね。
実印とは、普通の印鑑とは異なり、長く付き合うことになるものです。

一生モノと言ってもよいかもしれません。
ですから、「やっぱりきちんと自分の目で見て選べばよかった…」ということにならないように、納得のいく作成方法を選びたいものですね。
特に素材によって、使い心地も変わってきますから、ネットで注文するにしても、一度実際の店舗で手に触れて下見をした方がいいのかもしれませんね。

ページの先頭へ