印鑑と印鑑証明、セットで初めて「実印」です

証明イメージ

ただ印鑑を作っただけでは、これは実印とは呼べません。

実印は、車は不動産の売買など、重要な場面や高額のお金が絡む際に使用される印鑑なのですが、果たしてその契約に使われた印鑑が本当に実印なのか、それは本人にしかわからないところですよね。

そのため、「この印鑑は本物の実印ですよ」という証明に使われるのが印鑑登録証明書です。
ですから、実印のみを持ってさあ契約しようと思っても、「印鑑証明を用意してください」と言われてしまうのです。

印鑑証明はどこで発行?

印鑑証明は、実印を登録している役所に行けば発行してもらうことが出来ます。
ただし、本人確認が出来れば即発行してもらえるというわけではないので注意が必要です。

印鑑証明の発行には、印鑑を実印として登録した時に発行される「印鑑登録証」と免許証、保険証などの本人確認書類が必要となります。
いくら実印そのものを持っていても、印鑑証明を発行してもらうことはできませんので注意しましょう。
印鑑登録証と本人確認書類を持参し、必要書類に記入をして手数料を支払えば、印鑑証明の発行をしてもらえます。

実印は証明書と印鑑のセットでないとだめ

印鑑と印鑑証明がセットになって初めて実印としての効力が発揮できるというわけなのですね。
いざという時に慌てないよう、実印と印鑑登録証は大切に保管しておきましょう。

ページの先頭へ