実印の印鑑に使う名前は苗字?それとも名前?

実印イメージ

ただ印鑑を作っただけでは、これは実印とは呼べません。

印鑑というと、通常は苗字のみが刻印されているものをイメージしますよね。
日 頃から使う印鑑だとすれば、もちろんそれで十分に役立ってくれます。

しかし、それが実印となるといかがでしょうか。
実印とは、一人に一つしか登録できない印鑑です。
これは自分だけの印鑑だ、とわかる印鑑にしておくと間違いがないですね。

実印登録はフルネームで

たとえば、苗字と名前のフルネームで刻印した印鑑を、実印として登録するというケースも多いようです。

もし苗字のみでの登録の場合、親族内でどれが誰の実印だかわからなくなってしまったり、ダブって登録しようとしたりというトラブルも発生しかねませんよね。
そんな時にはやはり、フルネームの印鑑が便利なのです。

女性が実印を登録する場合

また、将来的に苗字が変わる可能性のある女性の場合はいかがでしょうか。

旧姓の名字の印鑑を実印として登録していた場合、結婚して姓が変わった時に新しい名字の印鑑で登録し直す必要があります。
そのため、女性の場合はあえて下の名前のみで刻印した印鑑を実印として登録するケースもあるようです。

自治体の中には、フルネームの印鑑のみしか受け付けないという場合もあるようですが、このような制限がない場合は名前のみの印鑑でもOKなのです。

ページの先頭へ